プチ整形で見た目に自信を持とう~自信なかった自分にさよなら~

施術を受ける2人の女性

さまざまな部分へ

注射を打たれる女性

ヒアルロン酸は、プチ整形には欠かせない成分としてかなり定着してきたものです。人体がもとから有している保湿成分ということもあり、無害かつ手軽に注入できる点が重宝されており、主に隆鼻術において使用されています。隆鼻術では、鼻筋にヒアルロン酸を注入してスッとしたきれいな鼻筋を手に入れることができますし、鼻根にヒアルロン酸を注入してバランスのよい鼻の形を実現することができます。これらの施術がその日のうちに手軽に行えるという点が、隆鼻術というプチ整形のとてもいいところです。

ヒアルロン酸注入は、隆鼻術以外でももちろん活用されており、顔の部分だけで見てもかなりの活用方法があります。
例えば、頬にヒアルロン酸を注入する方法があります。ヒアルロン酸を入れるからにはそこが盛り上がるわけですが、頬への注入が適しているのは「こけた頬」に悩んでいる人です。肥満ではなくても、頬がこけていては健康的なイメージが持てず、あまりきれいだとは思われません。そこでヒアルロン酸を注入してふっくらした頬を手に入れることができれば、一気に周りの印象を変えることができます。
似たようなことは、こめかみにも言うことができます。こめかみは頭蓋骨の構造上ある程度凹んでしまうものですが、その凹みが大きいと顔のバランスがあまりよく見えませんし、前髪を上げたり分けたりするようなヘアスタイルができなくなってしまいます。このこめかみの凹みをふくらませることも、このプチ整形では可能です。
ふっくらということなら、耳たぶをふっくらさせることも可能です。耳たぶはあまりジロジロと見られる部分ではありませんが、顔の輪郭に関係してくるので、べちゃっと潰れていると顔全体的な印象もなんだか貧相に見えてしまうことがあります。耳たぶがふっくら膨らんでいれば、全体的に柔らかな印象を相手に与えることができます。
顔の輪郭ということなら、あごへヒアルロン酸を注入するプチ整形も可能です。あごが引っ込んでいると、唇や鼻とのバランスが悪くなり、きれいだとは思われません。あごがきれいに出ていれば唇もしっかりと際立ち、コンプレックスが解消されるどころか、セクシーな印象を付加することだって可能です。もちろん、唇にヒアルロン酸を注入してセクシーなリップにすることもできます。

ヒアルロン酸注入の嬉しいところは、ダウンタイムがほとんどないところ。術後の通院は必要ありませんし、メイクやシャワーだって当日から可能です。多少の腫れが出てくることはありますが、1日か2日程度で消えてしまいます。