プチ整形で見た目に自信を持とう~自信なかった自分にさよなら~

施術を受ける2人の女性

埋没法の流れ

女性の目

埋没法とは、一重まぶたを二重まぶたにすることができる美容整形のひとつで、プチ整形に分類されています。野暮ったい一重まぶたをきれいな二重まぶたにする美容整形は数ありますが、そのなかでも最も手軽に行えるのが埋没法です。埋没法はメスを使用しない画期的な二重術なので、まずはお試し感覚で挑戦してみることができます。料金も手頃なことから、手が出しやすい美容整形だといえます。

そんな埋没法、メスを使わないという大きなメリットはありますが、何もかもがよい二重術というわけではありません。このプチ整形を受けるに当たって、留意しておかなければならない点はいくつかあります。そのために、施術の流れを把握しておきましょう。

美容外科では基本的に、カウンセリングが重視されます。病気を治す問診とは違い、見た目のコンプレックスを解消するためなので、患者の望みを最大限聞いてくれるのです。そこで、一重まぶたをどうにかしたい、暗い印象を与える奥二重をなんとかしたいなどの相談を持ちかけ、簡単な施術がいいということになれば、埋没法が選択されます。そこからも、カウンセリングは続きます。埋没法といっても、人によって縫う回数や縫い方が異なってきますので、どのように縫えば理想的な二重まぶたになるのかというのをシミュレーションしながら確認していきます。そして納得のいくシミュレーションができたなら、いよいよ施術です。

埋没法の施術には、針と糸しか用いません。この手軽さが、プチ整形としての最大のメリットです。糸も、裁縫に使うようなタイプのものではなく、とても細い特殊なナイロン糸が使用されます。
施術時間は、およそ10分から15分程度だと考えていいでしょう。施術の細かい内容によってはもちろん前後しますが、何時間もかかるような施術にはなりません。そのため入院する必要はなく、美容外科を受診したその日に施術を行って帰ることもできます。まぶたに糸を通すという施術内容から、そのままだともちろん痛みや出血をともないますので、施術中は部分麻酔が行われます。

施術後のダウンタイムは、さすがにないとは言い切れません。プチ整形のいいところはダウンタイムがない、あるいはとても短いというところですが、埋没法の場合はまぶたへの施術のため、多少の腫れがあらわれます。しかし医師の指示をよく聞き、無理をしなければ、2日から1週間程度で腫れはだんだん引いてきれいな二重まぶたになります。腫れや痛みが酷くなければ、シャワーやメイクは翌日から可能です。激しい運動や顔へのマッサージは、1ヶ月程度は控えたほうがいいでしょう。

施術後の通院は必要ありません。数年後、糸が切れてだんだんと元に戻っていく可能性があるので、その際は再来院すると再手術を受けることができます。